プロポーズ研究所

Just another WordPress site

*

物語のような恋をしようよ

   

プロポーズ研究所、所長の「みやっち」です。

人のプロポーズの言葉って聞いてると、結構面白いですよね。
それでしたら、日常生活の中から、新たな伝説になるような
プロポーズの言葉を産み出してみましょう
と、いうコンセプトで作られたこのサイト。

つまり、『雑談+プロポーズ』というワケのわからんコンセプトで
書かれたこのブログ。

お付き合いいただきありがとうございます。

さて、今回の雑談ネタはこちらです。

image

深大寺恋物語という、恋愛小説のコンクールがあるんですね。

実は恋愛小説って、結構難しいんですよね。

例えばシナリオのコンクールの話をします。

シナリオのコンクールで入賞しやすいのは、ホームドラマなんですね。
何故かといえば、一番人間性を描くのにてきしているからなんです。

例えば、
アクションのシナリオを描いたとします。
そのドラマが面白いかどうかは、そのアクションにどれだけお金がかけられるかどうかなんですね。
SFも同じです。
コメディは、演じる役者のコメディ性が重要。

そして、恋愛ドラマは、演じる役者の話題性なんです。

つまり、アクションやSF、恋愛ドラマは、シナリオの面白さ以外にも、ドラマを盛り上げる要素はあるんですね。

しかし、ホームドラマは、そうもいかない。
シナリオの面白さ以外で、そのドラマの面白さを引き出すのは、結構難しいんですよね。

だからホームドラマのシナリオは、ライターの腕が如実にでるんですね。

そして話は戻りますが、
恋愛ドラマは、演じる役者によって
面白さが変わるんです。

その中でシナリオコンクールで
恋愛もので勝負をするならば、
相当面白いシナリオでないと、
勝負にならないんですね。

そして今回のネタは恋愛小説。

恋愛小説の中で、如何に主人公の人間性を描くか。
だから、恋愛小説は難しいのです。

今回の、こんな雑談から生まれたプロポーズの言葉は

「 物語のような恋をしようよ 」

さて、みなさんどうでしょうか?

 - 未分類